院長・スタッフコラム

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2016.09.13更新

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者: ふじた歯科医院

2015.03.03更新

当院では、院長はもちろんのことスタッフ皆が日々研鑽しています。

当院のスタッフは多くが歯科のスタディーグループに所属し勉強しています。これは主に日曜日にお休みを利用して行ってます。
また院内でも定期的に勉強会をしております。テーマはいろいろです。しかし目的はひとつ!それは「患者さんのために!です。
先週の勉強会は新しく導入した歯の表面の清掃機具の実習です。患者さんに施術する前にお互いに使いあって、どうしたら患者さんが不快な思いをせずに治療を受けることが出来るか、あれこれと試してみます。もちろん私院長も実験台です。
勉強会ではそういった直接歯科治療に関係すること以外のこともテーマになります。昨年末は2回に分けて外部の講師の先生にお願いして「痛みと心」について勉強しました。ほかにもまだまだ勉強しないといけないことが山積みです。
しかし歯科医として20年以上治療に携わってきて、患者さんと真剣に向き合うことが私の大きな人生勉強になっています。私より年配の患者さんからは勿論のこと、若いお母さんや小さなお子さんからも学ぶことが多くあります。
当院のスタッフも日々患者さんと真剣に向き合うことにより勉強させていただいていると思います。そんな中で患者さんの痛みや不安が少しでも楽になられるのなら、ほんとうにありがたいことです。



平成13年に開業し、以来地域の皆様の歯と口腔内の健康をサポートしてまいりました。所在地は福岡県春日市です。
大宰府市、大野城市、那珂川町、福岡市からも多くの方がご来院しております。
お口のことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。
(審美・インプラント・虫歯・予防・ホワイトニング・義歯・小児歯科・口腔外科・矯正歯科)

投稿者: ふじた歯科医院

2015.01.28更新

患者さまとしっかり向き合い、コミュニケーションを大切にすること、これが私たちのモットーです。

歯科医院に来られる患者さんは、歯や口腔内に悩みや痛みを抱え、身体とともに精神的にもつらい状況だと思われます。
当院では医師、スタッフ一同、歯の痛みや悩みの原因を突き止め、治療することはもちろん、心のケアを意識した対応を大切にしています。

日頃の食生活や生活習慣などをお伺いし、「白い歯にしたい」「痛い治療は避けたい」「短期間で治療を終わらせたい」などの要望を受け止め、適切な治療計画を立てます。
基本的には患者さんのご希望にできるだけ沿うようにしていますが、時にはそうでないこともあります。例えば「治療に来る時間がないのでもう歯を抜いてください」と言われることもあります。当院では一般的に抜歯と判断される歯でも、いろんな手法を使ってよい状態で残すようにしています。そこで残せる可能性がある歯の場合は時間をかけてその歯を残す重要さを説明します。もちろん残すための大変さもお話しいたします。そうしていくうちにだんだん患者さんの本当のご希望が見えてくることが多くあります。「本当は抜きたくないけど、痛い思いは一回だけのほうがいい」とか「どうせまた悪くなるなら抜いたほうがいい」等々。
もし「もう歯を抜きたい」と思っておられましたら一度ご相談ください。
しかし中には残しておかないほうがいい歯もあります。その場合にはもちろんその理由をきちんと説明いたします。
当院で「この歯は抜いたほうがいい」と言われたら、多分どこの歯医者さんに行っても「抜いたほうがいい」って言われると思います。
「どんなに状態の悪い歯でも抜かない」のではなく「残せる可能性のある歯、残したらかえってよくない歯を正確に診断する
ことが大切だと思っています。

そのためにも当院では治療の時間以上に患者さんとコミュニケーションをとる時間が長いと思います。

日常生活では、お話はあまり得意ではないんですけれど...ね



平成13年に開業し、以来地域の皆様の歯と口腔内の健康をサポートしてまいりました。所在地は福岡県春日市です。
大宰府市、大野城市、那珂川町、福岡市からも多くの方がご来院しております。
お口のことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。
(審美・インプラント・虫歯・予防・ホワイトニング・義歯・小児歯科・口腔外科・矯正歯科)

投稿者: ふじた歯科医院

2015.01.21更新

先日こんな記事を見つけました。

『 口の中が不潔だとタミフルなどのインフルエンザ治療薬が効きにくくなる可能性があることが分かり、落合邦康・日本大教授=口腔(こうくう)細菌学=らの研究チームが近く、高齢者を対象に検証のための疫学調査を始める。歯磨きの徹底など日常生活の注意で、インフルエンザを予防したり、重症化を防いだりできる可能性があるという。
 インフルエンザウイルスは、細胞内に入り込んで増殖し、他の細胞に感染を広げる際、ウイルス表面の酵素「ノイラミニダーゼ(NA)」を使って、自身を細胞表面から切り離す。タミフルやリレンザなどはNAの働きを妨げることでウイルスの感染拡大を防ぐ。
 チームのこれまでの研究で、歯垢(しこう)に含まれる2種類の細菌がNAを作り出し、ウイルスの増殖を助けることが分かった。インフルエンザウイルスに感染させた細胞に細菌の培養液を加えると、細胞からのウイルスの放出量が21〜28倍に増え、リレンザやタミフルを投与してもウイルスの放出量は抑えられなかった。
 インフルエンザウイルスはのどや鼻の奥で感染、増殖する。落合教授は「感染部位が口と近いことを考えると、口の中の細菌が感染の進行に関与していることは十分に考えられる」と話す。チームは今季のインフルエンザ流行中に、協力病院や介護施設の高齢者から口の中の細菌を採取し、口腔ケアとインフルエンザ感染の関係を調査する。口内細菌は近年、糖尿病の悪化や誤嚥(ごえん)性肺炎の要因になっていることが指摘されるなど、他の病気との関係が注目されている。【藤野基文】 』

高齢者の誤嚥性肺炎と歯周病については広く知られてきていますが、こうしてみると口は外界と内臓をつなぐ、体の中でも非常に特殊な器官だと思いました。今後も皆様にお口の健康の重要さについて、しっかり伝えて生きたいと思っています。


平成13年に開業し、以来地域の皆様の歯と口腔内の健康をサポートしてまいりました。所在地は福岡県春日市です。
大宰府市、大野城市、那珂川町、福岡市からも多くの方がご来院しております。
お口のことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。
(審美・インプラント・虫歯・予防・ホワイトニング・義歯・小児歯科・口腔外科・矯正歯科)

投稿者: ふじた歯科医院

2015.01.14更新

前回のつづき(かなぁ?)

僕がここで開業して14年になりますが、実は開業前の勤務医時代から治療させていただいていた患者さんも、遠くからメンテナンスにこられてある方がたくさんおられます。
こうして20年以上患者さんと接しているとよくあるパターンというのがあります。
働き盛りのころはなかなか治療に時間がとれず、だんだんお口の状態が悪くなって、いざ仕事を第一線から退かれてようやく時間を取れるようになったときには、かなりのダメージがある・・・。というパターンです。そうなるともとの状態には完全には戻らないばかりか、かかる費用もすごく多くなってしまいます。
最近よく患者さんにお話しするのは、皆様の歯を支えている歯槽骨は大事な財産です。一度溶けてしまうとそれを取り戻すのはかなり困難だし、仮にできたとしてもものすごい時間とお金が必要になります。早いうちからメインテナンスされておけば、ご勇退後の時間とお金をもっと楽しいことにつかって、おいしいご飯をたべることができますよ・・・。と。

一度きちんと治療をしてしまうのは、結構大変な場合もありますが、そこまでしておくとあとは非常に楽です。
そういった方々は4~5ヶ月に1回1時間メインテナンスにこられるだけで、かなりよいお口の状態を維持されておられます。
多分散髪にいくより経済的負担も軽いと思います。
僕たちも悲しい思いをせずにすみます。

前のブログで書きましたが、いつかはメインテナンスの方ばかりになったら、お互いにもっともっと笑顔でいれるのになぁって思っています。


平成13年に開業し、以来地域の皆様の歯と口腔内の健康をサポートしてまいりました。所在地は福岡県春日市です。
大宰府市、大野城市、那珂川町、福岡市からも多くの方がご来院しております。
お口のことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。
(審美・インプラント・虫歯・予防・ホワイトニング・義歯・小児歯科・口腔外科・矯正歯科

投稿者: ふじた歯科医院

2014.12.28更新

当院では開業当初より歯周病の怖さと治療・メインテナンスの大切さを伝え続けてきました。

歯をどれだけ手入れしても歯を支える歯周組織が歯周病菌で冒されていては、健康な歯を維持することはできません。
僕がよく患者さんにお話しするたとえ話ですが、豪華な家をユルユルの地盤の上に建ててもすぐにだめになります。歯周組織はこの場合地盤にあたります。保険の利かない高価な被せ物もしっかりした歯周組織があってこそ・・・です。

また、歯周組織が歯周病菌で冒されたことにより、歯茎の中にある骨が溶け出し、歯が抜け落ちる恐れがあるばかりか、全身の健康を害するリスクも高まります。

歯周病治療における重要ポイントは日頃より歯の周りをキレイに保つことと、定期的なメインテナンスです。その一環としてブラッシング指導や歯周病の原因となる歯石を除去するクリーニングを行います。(われわれ歯科医師や歯科衛生士も半年に一度くらいお互いに歯石取りを行います。)

とはいっても、みなさんお忙しい方も多いですね。なかなかあ歯科治療に時間を作るのが難しいみたいです。

ただ、20年以上歯医者をやっていて、「もっとはやくそのことに気がついていただいていれば・・・」と思うことが非常に多く、また患者さんからも「もっとはやくきちんとメインテナンスしていれば・・・」といわれることも多いのです。

ですから、皆さんにはできるだけわかりやすくご説明をいたします。いつの日か、当院にこられる患者さんは皆さんメインテナンスだけで終われるような方ばかりになるといいなぁと・・・。


平成13年に開業し、以来地域の皆様の歯と口腔内の健康をサポートしてまいりました。所在地は福岡県春日市です。
大宰府市、大野城市、那珂川町、福岡市からも多くの方がご来院しております。
お口のことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。
(審美・インプラント・虫歯・予防・ホワイトニング・義歯・小児歯科・口腔外科・矯正歯科)

投稿者: ふじた歯科医院

2014.12.10更新

はじめまして。院長の藤田です。
開業して14年目になりますが、この度ホームページを開設することになりました。
われわれふじた歯科医院スタッフは、患者様により良い医療を安心して受けていただけるよう
日々努力いたしております。
地域の皆様に当院の理念と診療内容その他のことにつきまして、情報を公開し
より多くの皆様に安心してより良い歯科治療を受けていただきたいと思いホームページの開設に至りました。
これからもスタッフ一丸となって、地域の歯科医療に貢献できるよう努力してまいります。
よろしくお願いいたします。


平成13年に開業し、以来地域の皆様の歯と口腔内の健康をサポートしてまいりました。所在地は福岡県春日市です。
大宰府市、大野城市、那珂川町、福岡市からも多くの方がご来院しております。
お口のことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。
(審美・インプラント・虫歯・予防・ホワイトニング・義歯・小児歯科・口腔外科・矯正歯科)

投稿者: ふじた歯科医院

院長・スタッフコラム福岡SJCD健康の入り口
092-586-1181