一般歯科・小児歯科

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

一般歯科

虫歯治療

抜かない」「削らない」を目指して
小さな病変も逃さずしっかり治す「虫歯治療」。

歯医者さんといえば虫歯治療ともいえるくらい、虫歯はポピュラーな歯の病気です。
しかしその分、歯科医院ごとの治療に対する姿勢が問われる分野でもあります。
当院では、患者さまが快適に治療を受けることができ、なおかつ長い目で見て健康を維持できる治療を行っています。

当院の虫歯治療の特徴

できる限り「抜かない」「削らない」

自分自身の天然歯に勝る人工歯はありません。
長い人生の中で多くの天然歯を残すためにも、できるだけ歯に負担をかけない治療を心掛けています。

[治療例]

・虫歯が歯根まで到達していると、通常は抜歯しなければなりません。
しかし当院では、部分的な矯正を行って歯を治療できる位置まで動かしますので、抜歯が避けられる場合があります。
・ドックベストセメントや3MIXなどの薬剤を使用することにより歯を削る量を減らし、神経を残す可能性を大きくします

 

痛みの少ない治療

大人であっても「歯医者は痛くて怖い」という方は大勢いらっしゃいます。
当院では、患者さまが痛みに対してストレスを感じないよう、心配りをしながら診療にあたっています。

痛みを伴う治療の際には麻酔を使用

注射の前に表面麻酔をすることにより、針が粘膜に刺さる際の痛みをかなり和らげることができます。(麻酔時にはすべてこの表面麻酔をはじめに使います。)
さらに麻酔注射の針は一番細いタイプを使用し、麻酔液を温めることで体温との差をなくし、痛みを和らげます。
また状況によっては、電子制御の麻酔注射を使用することにより、麻酔液の注入速度をコントロールし痛みを最小限に抑えます。

小さな虫歯も逃さず治療

虫歯治療を行う際、将来虫歯になる可能性のある病変を残したまま、詰め物やかぶせ物がされているケースをたまに見かけます。
しかし当院では、虫歯を染め出す特殊な液体を使い、小さな病変まで見逃さないようにしています。また手間と時間がかかりますがそうすることで虫歯になってない健全な部分を削らずに残すことができます。
※状況によっては歯や歯の中にある神経を守るために、再石灰化する(虫歯が治る)可能性のある部分は、再石灰化を促進するお薬を使用して経過を見る場合もあります。

予防歯科

定期的なメインテナンス
将来までお口の健康を守ります。

将来に渡り自分の天然歯を残したいと望むなら、虫歯や歯周病を予防するための定期的なメインテナンスが大切です。

予防をきちんと行っていれば、歯の寿命を延ばすだけでなく、歯や口腔内が悪くなってから治療するよりも経済的な負担も少なくてすみます。
当院では、予防歯科にも力を入れており、一生涯に渡って患者さまをサポートしております。

定期的なメインテナンスによる効果

定期的なメインテナンスを行うことで、歯と口腔内にどのような効果が現れるのでしょうか。
アメリカの論文によると、メインテナンスを受けた9割の人が歯周病の進行を食い止めたのに対し、受けてない人の9割は歯周病が悪化したという結果が出ています。
また、メインテナンスを受けた人は、受けてない人よりも失う歯を4分の1にまで抑えられています。
これだけメインテナンスの効果は高いといえます。

メインテナンスと歯周病の進行状況
参考資料 アメリカの論文より
調査方法 メインテナンスを受けた52人、受けなかった25人の状態を6年後に比較しています。
 改善変化なしやや悪化悪化
メインテナンスを受けた人 17% 72% 10% 1%
メインテナンスを受けなかった人 1% 10% 34% 55%
5年での喪失歯数 歯周病で治療を受けなかった人 1.8本
歯周病の治療のみを受けた人 1.1本
治療とメインテナンスを受けた人 0.5本

当院の予防法・メインテナンス

当院では、以下の内容で予防のためのメインテナンスを行っております。

虫歯や歯周病の検査・治療

早期発見・早期治療により、お口の健康を保ちます。

歯のクリーニング・歯石の除去

医療スタッフが専用機器や手用の器具によって、歯のまわりに付着した汚れや歯石を丁寧に除去します。

「フッ素塗布」による虫歯予防

虫歯予防の効果が高いフッ素を歯の表面に塗ります。

噛み合わせのチェック

虫歯や歯周病には噛み合わせが大きく影響しています。
噛み合わせの状態を把握することで、より効果的な予防が可能です。

患者さまへの歯磨き指導

予防の基本は日頃の歯磨きです。
きちんと汚れを落とせるよう、正しくブラッシングする方法をご指導します。

小児歯科

小児歯科

将来の健康な歯をつくるために。
0歳児からでもご相談いただけます。

当院では、お子さまの歯が生え始める時期(平均して1歳半くらい)から歯科診療を行っております。
乳歯が生え、やがて永久歯に生え変わるこの時期は、お子さまにとって大切な時期です。
この時期にしっかり歯と口腔内をケアしておくことが、将来のお口の健康へとつながっていきます。
虫歯予防はもちろん、噛み合わせが健全であるかのチェックや、親御さんに対する歯磨きや食生活のアドバイスなど、お子さまのお口の健康をトータルでサポートいたします

お顔をぶつけてお口を切ったなど口腔内のトラブルや、お子様のお口のことに関するご心配・ご相談がありましたら、0歳児からでも診療いたします。

当院の予防・治療

当院では、お子さまの虫歯や噛み合わせに関して、予防診療と治療を行っております。
すべての診療に関しては、親御さんにわかりやすくご説明いたします。

予防

定期的な検診を行い、虫歯の有無や、噛み合わせのチェックを行います。
お子さまの歯と口腔内は短期間でも大きく変化するので、こまめな検診が大切です。
特に乳歯は永久歯より柔らかくて虫歯になりやすく、また虫歯になっても痛みを感じにくいというリスクもあります。

虫歯がない場合

歯ブラシのご指導をいたします。お子様にも練習していただきますが、保護者の方にも仕上げ磨きの練習やポイントの説明を行います。
それから虫歯になりにくいように歯の表面に「フッ素塗布」を行います。
また歯の虫歯になりやすいナンバーワンの部位は歯の溝です。子さまの場合は、そこから虫歯になりやすい傾向がありますので、「シーラント」という素材で歯の溝を埋める予防治療を行うこともあります。

治療

必要に応じて虫歯治療と矯正治療を行います。もちろんいずれの場合でも歯磨きのご指導はしております。

虫歯治療

大人と同じように、できるだけ抜かない・削らない治療、痛くない治療をモットーに対応いたします。もちろん麻酔も表面麻酔は必ずしますし、麻酔の液を温めて使用することや、一番細い針を使用することは必須です。それからできるだけ針や療器具を見せないように心配りも忘れません。

矯正治療

お子さまの歯並びや噛み合わせの傾向がはっきりする3歳以降が矯正治療のスタート時期となります。
この時期に正しい噛み合わせをつくることは、その後の健全な歯と骨の成長育成のために必要不可欠です。
もちろんその前から検診に来られている場合は、必要に応じて早めに矯正医に診てもらうお知らせもいたします。

治療をこわがるお子さまのために

治療を怖がるお子さまに対しては、無理に治療を進めることなく、まずは雰囲気になれていただくように努めます。
具体的には、数回にわたって来院いただき、器具や先生に慣れていただくことからスタートします。

それでも慣れないお子さまに対しては

親御さんのご希望があれば、安全のために動かないように補助器具を使って治療を進めることも可能です。(3歳未満のみ)

あえてひとりで治療を受けていただくことも

治療の苦手なお子さまは、親御さんが近くにいらっしゃると依存心が強くなる場合が多くあります。
そのような場合は、あえて親御さんに離れていただき、お子さまひとりで治療を受けていただくと、スムーズに治療が進められることも多くあります。当院ではそうした母子分離、父子分離を基本とした治療を行っておりますが、保護者の方のご希望があったり、明らかにご両親様がおられるほうが上手に治療を受けることができる子供さんの場合は、親御さんに横にいてもらうこともできます。

口に水を溜めるのが苦手なお子さまには

治療中に口の中に水が溜まるのが苦手はお子さまには、「ラバーダム」という道具を使って、水が喉に流れないようにします。

お子さまの健康な歯のために、親御さんができること

お子さまの健康な歯を育てるためには、日頃からの歯磨きや生活習慣が重要なポイントとなります。
是非、ご家庭で気をつけてみてください。

3歳まではジュース、お菓子を控える

3歳以降は甘い物は1日2回まで(飴・ジュースも含む)。間食は決まった時間に量を決めてとる。

親御さんによる、1日1回の仕上げ磨き(本人磨きは1日2~3回)

お子さま自身が行う歯磨きとは別に、親御さんによる仕上げ磨きを行うと効果的です。
できれば小学校卒業まで毎日行うのが理想です。
少なくとも小学校2年生までは毎日、4年生までは2日に1回、6年生までは3日に1回は仕上げ磨きをしてあげてください。

1日1回の「デンタルフロス」

歯ブラシによる歯磨きとは別に、歯と歯の間を糸のようなもので磨く「デンタルフロス」を行うと効果的です。

歯磨きの後の「フッ素洗口」

虫歯予防に効果的な「フッ素粉」をご自宅用に購入いただけます。
歯磨き後にフッ素粉を水に溶かして口の中をゆすぐようにして使います。
安全性の高いものなので安心です。ご希望の場合スタッフにお尋ねください。

院長・スタッフコラム福岡SJCD健康の入り口
092-586-1181